スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めえっがい製作記 (後編) 「心を込めて贈ります」

こんにちは!

まずは告知です^^





4/24(金)~5/6(水) 福岡パルコ本館8Fにて開催中の「ガンプラEXPO JAPAN TOUR 2015 in FUKUOKA」にて、EXPO名古屋に引き続き 『天翔ける麒麟 ~バイアラン・カスタム試作2号機~』 を展示させて頂いております。

今回は遠方のため会場にお伺いするのは作品のみとなりますが、GW期間中とも重なりますのでまた沢山の方に見て頂けたら大変嬉しく思います^^

ご都合宜しければ、是非足をお運び下さい♪


ではでは、前回のブログ『めえっがい製作記(前編)「お世話になったあの方へ」』の続きを始めさせて頂きます^^


 ↑
この春に転属となり他部署へ行かれる、お世話になったバンダイのGBWC担当者さんへプレゼントする為の歴代チャンピオン共作によるプチッガイ作品。
僕が製作したのは「羊の皮を被ったプチッガイ」シュンさんが考えて下さったキャッチフレーズ)こと「めえっがい」

耳の形状・位置変更、付属パーツ(首元の鈴・背中のウールストライカー)を作成し、塗装まで終了した「ヤギッガイ(笑)」の状態まで前回は掲載させて頂きました(^^;;

さて、今回の作品の要・「羊毛のモコモコ感」を表現するため、様々な案を検討してみたのですが・・・

①.再度エポキシパテによる造形
②.羊のぬいぐるみの毛皮を剥がして移植
③.綿(脱脂綿)の貼り付け
④.発泡スチロールを細かく砕いて貼り付け


う~ん・・・どれもイマイチ(- -;
何とか羊毛のフワフワ感を保ちつつ、プラの表面にしっかり固着できる良い方法はないものか・・・?
そして、モデラーとしては出来れば「模型用素材」に拘りたい・・・

あれこれ悩んでても仕方ないのでボークスへ出掛けて探してみた所、普段はあまり行かない鉄道模型のコーナーで正にイメージにピッタリな素材を見つける事が出来ました!(^o^)/


 ↑
それは「フォーリッジクラスター」という、ジオラマの樹木を作るための素材!


 ↑
このように程よく縮れたスポンジ素材で、羊毛のモコモコ感を表現するには打ってつけ!
喜び勇んで早速買って帰り、エアブラシでホワイトを吹き付けてみたのですが・・・・

かなり隠ぺい力の強いフィニッシャーズの「ファンデーションホワイト」を使用したにも関わらず、残念ながら思いのほか元素材の緑色の影響を受けイメージする白色にはなりませんでした(T^T)
筆での直接塗りや、一晩塗料に漬け込んでみたりも試したのですがやはり緑色が残ってしまい、これを貼り付けたら「苔ッガイ」になってしまう・・・(苦笑)

あえなくボツとなり、次に試してみたのがこちら・・・




 ↑
同じくジオラマ用の「桜」色の素材。
これはかなり「イケる!」と思ったのですが・・・

こちらもやはり下地の桜色を完全に隠蔽する事はできず、なおかつ最初の緑色のフォーリッジクラスターに比べて縮れ感が少ないため、一晩塗料に漬け込んだらポロポロの「そぼろ状」に固まってしまいました(T^T)

まだらになった色味、質感ともにコレはまるで・・・鳥のフン!(汚くてスミマセン(^^;;;)
さすがに「糞ッガイ」にしてプレゼントするわけにもいかず、この案もボツとなりました(^^;;


 ↑
行き詰ってしまい、いっその事白いスポンジをフードプロセッサーでミンチ状に砕いて使ってやろうかと思いましたが(もし本当にやったら嫁に怒られる(^^;;)、たまたま他の用事で出かけた東急ハンズで運命の出会い!!


 ↑
何と他の模型店では一切見掛けた事のなかった「はじめから白いフォーリッジクラスター」を発見!!
これなら塗装(染色)の必要もなくそのまま使えるので、早速購入して帰宅後作業開始しました^^


 ↑
僕は普段はジオラマは作れないのですが、調べてみたら樹木の枝への接着には「木工用ボンド」を薄めずに使用するとの事・・・
豪快に混ぜ込んで、プチッガイに貼り付けてみる事に・・・


 ↑
プラへの食い付きも思ったより良く、白いボンドが乾いたら透明になり、なおかつカチカチに固まる事なくスポンジの「フワモコ感」もキープできたので完璧でした^^

調子に乗って全身に敷き詰めて行きます。


 ↑
シュンさんに途中経過をお知らせした時点の画像ですが、すこし前髪(?)が足りないと感じたので追加、そして各部微調整して・・・


 ↑
かくして、「羊の皮を被ったプチッガイ」 こと 『めえっがい』、完成しました!!


 ↑
背中のウールマーク(ウールストライカー)は、2回ボツにして完全にイチから作り直した3個目なので、実は一番苦労したポイントです(^^;;


 ↑
めえっがいダンス?(笑)


 ↑
お座りポーズ。




 ↑
そして「森のーく・まⅢ(さん)」」とのツーショットも撮っておきました^^
変わり果てたベアッガイF(ファミリー)の姿ですw


 ↑
撮影を済ませ、今回の企画の発起人であるシュンさんのご自宅への発送準備。
バイアランの全国行脚用と同じく、ウレタンをくり貫いた梱包材を使用しました^^

自分が作った作品が「完全に人様の手に渡る」というのは初めてのだったので一抹の寂しさ(?)みたいな感情もありましたが、何よりお世話になった担当さんに喜んで頂きたい!という気持ちが大きいので、梱包にも心を込めて送り出しました^^

そしてシュンさんのご自宅へ到着した数日後、感動的な写真がメールで送られてきました!



圧巻・・・プチッガイなのにまさに圧巻!
先輩チャンプの皆さんの作品、ほんと凄まじい出来栄えでした!!

こんな素晴らしい作品と並べて頂いて恐縮ですが、皆さんのプチッガイをご紹介させて頂きます^^

左から
3代目(2013年)チャンプ・シュンさん作品 『ベベッガイ』
ジュニア4連覇(2011~2014年)・めいちゃん&まさぼんさん作品 『トナッガイ』
4代目(2014年)チャンプ・私(ヨシ)作品 『めえっがい』
初代(2011年)チャンプ・ヤマタツさん作品 『次元覇王流プチッガイ』


(2代目(2012年)チャンプの六笠さんは、残念ながらご多忙のためこの撮影時には間に合いませんでしたが、当日はメタルギアソリッドのスネーク風プチッガイを完成させて持って来られ、前担当さんにプレゼントされてました。)




 ↑
シュンさんは、各チャンプの受賞年のGBWCロゴと作品名が入った台座も作って下さいました!

僕がGBWCを目指すきっかけになった、憧れのビルダーであったシュンさんに台座を作って頂きそこに自分の作品が乗る.。 そして尊敬する先輩チャンプの皆さんの作品と並んで撮影して頂ける日が来るなんて・・・本当に感無量でした(T-T)


 ↑
約1週間後、いよいよ担当者さんの送別会に参加すべく、雨の降る京都から毎度おなじみの夜行バス(笑)で旅立ちました。


 ↑
夜の送別会までの間、「おのぼりさん」を満喫(^^;;

まずは昨年12月のGBWC世界大会決勝以来となるお台場・ガンダムフロント東京を訪れてみたり・・・


 ↑
池袋ヤマダ電機さんにて展示中であったGBWC2014日本大会2位のロクさん作・「ウイングゼロ ディアボルス」&同3位のひやむぎ☆さん作・「スティンガーフォトンボール」との束の間の「金・銀・銅 揃い踏み」がしたくて、この日の為にプリントアウトしたバイアランの写真をかざして撮影してみたり・・・(店内ではかなりの不審人物だったと思います(^^;;)


 ↑
日も暮れ、都内某所の送別会場に到着。

昨年末のGBWC決勝以来となる先輩チャンプの皆さん、そして今回の主賓である担当者さんとの嬉しい再会となりました^^




 ↑
美味しい料理とお酒、そして楽しくも濃密な会話で時間はあっという間に過ぎ去り・・・
宴もたけなわ、最後に担当者さんに「ありがとう おつかれ様でした」と描かれたデザートプレートが出されたと同時に、いよいよ「チャンピオン製プチッガイズ」をプレゼントするその時を迎えました。





担当さん、最初は驚いておられたようですが、すごくすごく喜んで下さって・・・
そしてもう一つのサプライズ、遠方のため参加できなかっためいちゃんからの手紙を手渡され、読み始めたら感極まって涙を流され、声にならない状態に・・・
シュンさんが続きを代読されたその内容を聞き、僕もウルウルしてしまいました(T-T)

初めて「自分でない誰かのために」製作してお贈りした作品でしたが、ネタ繰りや素材探しの試行錯誤も含めて本当に楽しくて楽しくて・・・
もらって下さる方の事を想いながら心を込めて作った作品。 そして、同じ想いを込めて作られた先輩チャンプの皆さんの作品達との素晴らしいコラボレーションが実現し、贈った側・贈られた側ともに本当に温かくて幸せな気持ちになれたこの企画に参加できて、心から良かったと感謝しています。

そして前担当者さんがこの4年間、情熱を込めて素晴らしい大会に育て上げて来られたGBWC・・・
この大会の魅力は、作品だけが一人歩きするのではなく、作品と共にその作者の「想い」や「心」まで伝わり、今回のような温かい交流が生まれる事にあると僕は感じています。

先輩チャンプ、そして国内や海外のファイナリストの皆さんと今でも親しく交流させて頂いてるのも、GBWCという出会いの場所があったからこそ。
GBWCがこんなにも温かく、そして感動を与えてくれる素晴らしい大会に成長してきたのは前担当さんの今までの尽力に拠る所がとても大きいと僕は感じ、心から感謝しています^^

この場をお借りしてもう一度・・・

>前担当者様
今まで本当にありがとうございました!
GBWCの歴史に名を刻めた事を誇りに思い、今まで築き上げて下さったこの大会の「魂」をしっかり継承し、伝え、そして次の世代へ受け継いで行きたいと思います。

持ち前の情熱とがむしゃらさで、新しい部署での更なるご活躍お祈りしております!
僕も現役チャンプとして「微力ながら全力で」をモットーに頑張る所存です^^




>そしてブログを呼んでくださった皆様へ
前担当者さんが情熱を注いで打ち込んでこられたGBWC、本当に感動できる素晴らしい大会です。
間もなく「GBWC2015」も5月中旬よりエントリースタート。

ひとりでも多くの方が今年も参加して下さり素晴らしい作品が集結するのを、そして5代目の新チャンプへバトンタッチできるその日を今から楽しみにしています!

今回も最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました!(^o^)/^^
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

前回に引き続きナイスなネーミングがw
打って変わって後半はちょっと泣きそうになりました。

く・まⅢの時にボール見つけたり、今回のように「はじめから白いフォーリッジクラスター」を見つけたりその他諸々・・・・Yoshifyさん(運)持ってますよね。

>のぼるサンさん

コメントありがとうございます♪

「○○ッガイ」と名付けるだけでどんな題材もネタ作品になってしまう…まさに「可能性の獣」ですね(^^;;
笑いあり涙ありで非常に濃密な送別会でしたが、前担当者さんや歴代チャンプ、そして参加して下さった全ての皆さんが築き上げてきた「GBWCの良さ」みたいな物を感じて頂けると嬉しいです^^

くまⅢに使った旧キットのボール、あれもカプルの代わりに見つけたものでしたね(^^;
確かに、転んでもタダでは起きてないので「持ってる」のかも・・・?w

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>emeraldonさん

訪問&コメントありがとうございます^^

ケースやベースの件、本文にも書いていたのですが両方とも僕ではなくシュンさんが作って下さった物なんです・・・(言葉足らずで伝わっていなかったとしたらゴメンなさい(>_<))

透明のケースに関しては透明アクリル板(ホームセンター等で売ってます)を透明な瞬間接着剤で箱組みされたものだとお聞きしましたが、ベース含めメーカー名等は存じ上げないです・・・

もし宜しければシュンさんに直接お尋ねになられても、とても親切で丁寧な方なのできっと教えて下さると思いますよ^^

お役に立てず申し訳ありません(>_<)

こだわりですねッ☆

ヨシさん、今回も素敵な内容ですね♪
よくハンズで見つけましたね…💦
こだわりが、結果に結び付くのですょね‼
どの作品もよく出来ていて…宝箱のようです💦
今後の作品も楽しみにしています😊
SD…マラサイさんも、素敵ですょ~(*´-`)
PROFILE

Yoshify【ヨシ】

Author:Yoshify【ヨシ】
京都在住の出戻りガンプラビルダーです。

「想像力」の翼を広げ「創造力」に変えられるよう模型づくりの勉強中です。

4代目・日本代表として出場させて頂きましたGBWC2014 【ガンダムビルダーズワールドカップ2014】世界大会決勝において、ガンダムVISAカード賞&世界第2位の栄誉を賜りました。

皆様の応援、心より感謝致します!ありがとうございました!!

ACCESS COUNTER
ONLINE
現在の閲覧者数:
Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FREE AREA
ガンプラビルダーズワールドカップ【GBWC】
【GBWC】
ガンプラビルダーズ
ワールドカップ
公式サイト

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
模型投稿サイト
【MG】モデラーズギャラリーさん

--【ブログ更新情報】--
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。